英語のことわざ You Are What You Eat


みなさんは、英語のことわざ “You Are What You Eat”を聞いたことはありますか?

この意味は、「あなたはあなたの食べたものからできている」という直訳そのままの意味です。

また、「健康で元気でいるためには、良質な食材をバランスよく食べることが大切だ」と意訳することもできますね。

早速、どのように使うのかを、AさんとBさんの会話例で見てみましょう。

Aさん:”I’m feeling much better now that I have started eating more fruits.” 「フルーツを食べるようになって、なんだか前よりよ元気になった気がする」

Bさん:“You are what you eat!”

この有名なことわざ、“You are what you eat”の語源は、フランスで1826年に出版された『Physiologie du Gout, ou Medetations de Gastronomie Transcendante(痛風の生理学、超越的美食の医学)』という作品に遡ることが出来ます。

フランスの作家アンテルム・ブリラ・サバリン(Anthelme Brillat-Savarin)は、”Tell me what you eat, and I will tell you what you are. “(君の食べているものを言ってごらん、そしたら、僕は君がどんな人なのかを当てることが出来るよ)と書いています。

食べたもので、その人がどんな人かまで分かってしまうなんて、ちょっとドキッとしてしまいますが(その真偽はひとまず置いておいて)、

この有名なことわざ、日常会話にも普通に使えますので、是非覚えて使ってみてくださいね。

Follow me!

英語のコラム

  1. 英語で「目は口程に物を言う」は?

  2. “Time is of the essence.”ってどうい…

  3. “Haste makes waste”って何?

  4. 「履歴書」は英語で何て言うの?

  5. その表現、目上の方に使って大丈夫ですか?

  6. 「諸刃の剣」は英語で何て言うの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP