「禍い転じて福となす」は英語で何て言うの?

みなさま、こんにちは。

もう8月も終盤ですが、厳しい残暑が続いていますね。

さて、昨日のレッスンで受講生の方とお話しをしていた時、「禍い転じて福となす」と言う慣用句がでてきましたので、今回はそれを解説したいと思います。

早速クイズです。

「禍い転じて福となす」は、英語で何と言うでしょうか?

正解は…

“A blessing in disguise” です。

直訳すると「変装した祝福」となりますが、意訳すると、不幸または不運のように思われるものが、思わぬ恩恵をもたらすことがある、となります。

この慣用句の由来は、1746年のイギリスの牧師であり作家でもあったジェイムズ・ハーヴェイの書いた賛美歌に遡ります。ここには、たとえ最初は否定的に見えるものであったとしても、「変装した祝福(“A blessing in disguise”)」であるから受け入れる事について書かれています。

日常会話はもちろん、歌、詩、小説などのタイトルにも使われたりしています。

日常会話で使う場合は、“It’s a blessing in disguise.”という形で使えますよ。過去形の場合は、“It was a blessing in disguise. ”となりますね。

日本の慣用句「禍い転じて福となす」は、広辞苑には「身に降りかかった災難をうまく活用して、かえってしあわせになるよう取りはからう」と書かれています。もともと紀元前に書かれた「史記」の中にある蘇秦の言葉だそうです。

では、今日はこの辺で。

Follow me!

英語のコラム

  1. When it rains…

  2. 微妙なニュアンスの違い、分かりますか?

  3. アメリカ英語?イギリス英語?

  4. “Time is of the essence.”ってどうい…

  5. その表現、目上の方に使って大丈夫ですか?

  6. “Critically acclaimed”って?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP